何かしらの閃きを感じて頂けたら嬉しいです。

初めの第一歩は富士山登山から

Reading Time: 0 minute

遂に僕の旅が始まりました。

しかし初っ端から旅というよりは修行ではないかと思えるほどハードなものになりました。

流石、日本一の山゛富士山”ですね。

間口はとても広いのだけれども、それなりの覚悟と準備が必要なところでした。

最初装備品は自前のものにしようかなとも考えていたのですが、今回のツアーではレンタルもあるということなので今回はレンタルしてみることにしました。

僕はこういった登山の経験がないという事と、その道のプロが揃えて頂いている装備品であればあればそれなりに対応しているのだろうと考えたからです。

しかも足りない装備品を買い足すだけでもそれなりの金額がかかってしまうし、しょっちゅう登山をするわけでもない予定なので僕の場合はレンタルした方がかなりお得だったのです。

今回は早朝に新宿から出発だったので、浮いたお金で前日は新宿のカプセルホテルに宿泊しました。

夕方にチェックインして少し探検してからカプセルホテルのスタッフの方におすすめのラーメン屋さんを教えていただいて早速行きました。

そのラーメン屋さんというのはゴールデン街の中にある煮干しで出汁をとる太麺のラーメン屋さんでした。

凪ラーメンというラーメン屋さんで玉子入りをオーダーしました。

たぶん店主さんだと思うのですがめちゃくちゃ気さくな方でした。

空腹だったという事もあり完食。

外観はこんな感じです。

早朝出発につきお風呂に入って早めに眠りました。

翌朝5時に起きて、お風呂に入って集合場所に向かいました。

バスの中でウトウトしていたらもう富士山5合目。

思っていた以上に外国人観光客が多い印象を受けました。

そういえば、朝の集合場所でも日本人よりも外国人観光客の方が多かった気がしたなあ。

バス別だったし。

僕が搭乗したバスでも外国人らしき方がチラホラ。

ここに着く前にレンタル装備品を受け取っていたので朝食をとる時間もあり、比較的余裕を持って富士山登山にのぞめた気がします。

搭乗員の方もガイドさんもとてもいい方でフレンドリーだったので、楽しく過ごせそうだと思いました。

そして最後まで人間関係は良好に過ごすことが出来ました。

顔見知りはそれなりにできずっとボッチなのかなあと少し不安だったのですが、話も楽しめて本当に楽しかったです。

人間関係は。

そう、自然は時にやさしく時に厳しくを強く感じた旅でもありました。

頂上に向かうにしたがってその厳しさが姿を表してきたのです。

最初は歩きやすかった登山道も岩場が現れたり歩きづらい道や幅が狭かったり落っこちたらヤバそうな所ばっかりだったり、しかも結構急こう配だったりしました。

だんだん雲よりも高い所になっていくにつれ何だか頭がズキンズキンとしだしました。

これが高山病だとはこの時点では気づきませんでした。

徐々に口数も減り黙々と目的地である本8合目の山小屋を目指します。

途中にもいくつか山小屋があったりして休憩を取りながら皆さんが登れるようにガイドさんにコントロールしてもらいながらの登山です。

この時点ではまだ僕も体力的にも大丈夫で汗ばっかりかいていました。

雲の上でも植物が生えていてちょっと感動です。

この角度も凄い。

転げてしまったら何処までも落ちていきそうです。

途中の山小屋は何処もこんな感じでした。

トイレは必ず行っておいた方がいいですね。

最初はこの感覚がわからず少し苦労しました。

僕らが泊まる予定の山小屋はまだまだ上の方にあるようです。

そこに到着したのはかなり暗くなってからでした。

勾配も更に急になり動くのがだんだんと辛くなってきました。

しかも頭痛も先ほどよりもひどくなってきました。

何度も引き返したいと思いながらもとにかく前進。

まあ、引き返そうにもそれは無理ですね。

なんとか宿泊する予定の山小屋に着いたときはかなりヘロヘロ。

食事を取ったらもうとにかく休みたいの一言。

驚いたのは、8畳くらいのところに12人が泊まるという事でした。

疲れているし頭は痛いのに体を小さくして寝るなんて疲れていなかったら絶対無理。

朝2時くらいから山頂にアタックする予定で起きれるか不安だったのですが、1時くらいに目が覚めてしまいました。

仕方がないので食事をしたところでボーっとしていたら、雨が降りだしたという声が。

それからあまり時間がたたないうちに雪に変わったと。

かなり過酷な山頂トライになりそうな予感がしたのですが、それ以上に過酷でした。

とにかく寒い。

渋滞していて少し進んだら立ち止まりの連続。

山頂が遠い。

8合目に行く時よりも山頂に行く方が辛い。

もう忍耐の一言に尽きます。

一番寒かったのは山頂でした。

風はびゅうびゅう。

体感温度はマイナス10度くらいだそうです。

まあツララがぶら下がっていたら納得です。

本当に寒かった。

マジで気が遠くなりそうでした。

噴火口を見たら少しだけモチベーションが上がったのですがそれでも意識がもうろうとしていました。

頭痛もマックス。

とにかく寒い。

しばらくするとご来光の気配が。

しかし今回はテレビで見るようなご来光は見ることはできませんでした。

残念。

それでも十分に感動はできましたけどね。

この後おはち巡りのオプショナルツアーに行く人には脱帽です。

あんなに頑張って、歯を食いしばってヘロヘロになりながらちょっとづつ時間をかけて前進していたのが噓のように下山は楽でした。

おり方のコツをつかむとめっちゃ早く下山できました。

頭痛も噓のように無くなっていました。

お陰で5合目の集合場所でツアー添乗員さんと少しお話ができました。

その話というのが富士山登山の現状で、今は外国人観光客の方が多いとのこと。

実際インバウンドがなかったらツアーが成り立たなくなってきているそうです。

下手をしたら日本人だけだと催行できないケースも出てきているそうです。

こういったところでも日本人の元気が無くなってきているのが出てきてしまっているんですね。

微力ながら何とかしたいものです。

帰りは皆さんでお風呂に入って少しのんびりしてから帰京。

道中皆さんぐっすり。

もちろん僕もね。

今回の富士山登山、一言でいうと、゛行ってよかった"です。

予想以上にいい経験ができました。

ありがとう富士山。

いろいろなことを教えてくれてありがとうございました。

少しだけ自分が強くなった気がします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

About Me

今まで主に好きな事だけをして生きてきた僕が次のテーマに選らんだのが旅。 ファッションや音楽をさんざんやってきたのですが、ある日ふと気づいたことがありました。 それは移動というものをほとんどやってこなかった事。 もちろん何度かは大小合わせてやってきたのですが、基本一か所に留まっていました。 留まっている間にアフィリエイトやfxをマスターし、もしかして機が熟したかなと感じたので行動に移すことにしました。 どんな旅が始まるかは全く予想できませんが、目いっぱい楽しんでいこうと考えています。

最近のコメント

    カテゴリー

    PAGE TOP