何かしらの閃きを感じて頂けたら嬉しいです。

草津温泉。そして一旦ピリオドとその理由。

Reading Time: 1 minute

やっと念願の草津温泉に行ってきました。

とはいうものの今回はメインの目的では無かった為に到着はもう夜の帳が落ちてしばらく経ってになってしまったので、入れた温泉は一つだけになってしまいました。

ギリギリ間に合ったのは大滝の湯という何だか健康ランドのようなところだけでした。

それでも草津の温泉に入れたのでラッキーだったんじゃないかなと思います。

暗くなってからの到着だったので、いきなりライトアップされた湯畑も見ることができたし、温泉饅頭も3種類食べることができ、舞茸の天ぷらを含む天ぷら蕎麦も堪能できました。

これも駐車場を探しているときに遅くまで温泉饅頭を街頭販売していた気前のいいおじさんにいい情報を教えてもらったお陰でした。

そのお陰で無駄な時間を使わずに済みました。

本当にあれがなかったなら温泉にも入れず食事もできていなかったかもしれません。

滞在時間があまりにも短かったので、いつか時間をかけて探索してみたいと思いました。

そしてこの草津温泉が僕の旅の一旦終了となります。

その理由は、僕の人生がダイナミックに動き出したからです。

と、こんな風に表現するとポジティブな印象を受けるかもしれませんが、現実はその反対なのです。

そもそも、何故群馬まで行ったのか?

その理由、8月中ごろで僕は多くのものを失ったからなのです。

仕事、住むところがメインですが。

なので今現在はリアル住所不定無職なのです。

7月いっぱいで飲食店は終わりにしようと決めていて、実際に宣言していてその通りに事は運びました。

僕の計画では、お店を片付けながらもう少しその場所を寝床にし、そこでFXをしながら態勢を整えようと考えていましたが全てが申し合わせたかのように一気に僕の計画は吹っ飛びました。

実は富士山に登った時にはこのことは決まっており、もしかしたらこれが最初で最後になるかもしれないという思いも少なからず持っていました。

どのみちとても考えが甘かったなあと今では思います。

もしお店にもう少し潜伏できていたとしてもあの環境では病気になっていただろうなあと思います。

暗い室内、ものすごい湿気、カビが凄くて流石地下だなあと感じていましたし、そんな中ではFXなんてとても出来るものではありませんでした。

どうして群馬に行ったのかというと、音響機器等をいったん保管するために関東近辺で一番安いレンタル倉庫があったからなのです。

そこと契約をしてレンタカーを借り友人に手伝ってもらい運べるものはそのレンタル倉庫に運びました。

その友人に僕ができることと僕もしたいことを考えて帰りに足を延ばして草津温泉に寄って帰京しました。

東京に着いたのは1時過ぎくらいでした。

僕の持っている音響機器というのが、元々映画館用の機材でサイズ的にかなり大型のスピーカーだったりめっちゃ重いアンプだったりするので僕一人では運び出すことが不可能でその友人の助けがなければどうすることも出来なかったかもしれません。

運転も交代で行ってくれ体力的にもかなり助かったので草津温泉はかなりいいアイディアだったのではないかと思います。

と、ここまで大まかな9月までの行動を文字にしたのですが、こうやって文字にすると頭の中が整理されて精神的に落ち着く気がします。

僕が今感じていることは、大きな流れの中にいるんだろうなあという事です。

というのも、自分の身の回りで起きることが順序があって、これをやったからあれができるようになった的な事が多々起こっているからなんです。

このパソコンでこの記事を書いているのもそうなんです。

このパソコンを購入したのも、僕は元々メインのパソコンがあってそのパソコンでFXやアフィリをしていたのですが、ネットで情報を得るためにもう一台パソコンがあった方が効率的なんだろうなと考えて中古ノートパソコンをかなり安価で購入しました。

条件としてまず安いこと、そして軽いことが条件でした。

サブで使うのでスペックはそこまでこだわりませんでしたが、昔からの憧れのレッツノートがいいなあと思いヤフオクで探していると手ごろな15インチがあったので購入しました。

価格は2万円台。

そこそこのスペックだったのでこのパソコンにもfxやアフィリができるようにしていました。

今となってはまさかこれが役に立つとはって感じです。

7月の終わりか8月の初めだったと思いますが、ずっと住んでいた所を8月いっぱいで出ることが決まりました。

そしてそこを出る当日、不動産屋さんに現状を話したことがきっかけで区に相談することを進めていただきました。

その時はその気は全くありませんでした。

まだお店があったからです。

お店といっても解体を自分でしていてある程度解体したときにあることが起こりました。

それは不動産屋さんからの撤退するように言う内容のものでした。

それには理由があって、その理由とは家賃の不払いが続いていたためです。

いつかはこんな日が訪れるだろうとは思っていたのですが、まさかこうやって連続で起きるとは思っていませんでした。

これで住むところと稼ぐことが無くなったのです。

その時に思い出したのが、住んでいたところの不動産屋さんにアドバイスしていただいた区に相談をしてみるという言葉。

早速相談に行ってみました。

区の方はこんな僕の話を聞いてくれてどうすればいいかを指導してくれました。

まずはお店をクリアーにして住むところを見つけて落ち着いたら仕事もしていこうと言っていただいたのです。

この言葉に希望を与えていただいたように思います。

そうして先日お店をスケルトン戻しにすることも出来ました。

産廃廃棄物の業者さんもネットで安い所を探しまくりました。

こんなことあまりない方いいのかもしれませんが、もしこういった状況になってしまったのであれば、あんしん回収さんいいですよ。

僕が探した中では一番安かったし仕事も迅速で丁寧にやってくれたと思います。

    

最終的には全て撤去していただきました。

まあ、こういった経験は初めてなものなので比較のしようもないのですが、、、

僕は今ホームレスです。

しかし、区の方がいてくれるお陰で心強いです。

正式に許可が出るまでに時間がかかるために住むところはまだなのですが、取り敢えずシェルターを紹介していただきました。

僕はこのシェルターに来るまでは、産廃物がたくさんあるところのソファーで寝泊りをしていました。

大きなソファーではなかったので、足は延ばせず人の気配がすれば息を潜めるといった生活が何日も続いていたので、そこから比べればこのシェルターは天国です。

3畳でも自分のスペースがあり、足を延ばして眠ることができます。

テレビは1時間100円。

しかもお風呂まであるので清潔をキープすることも出来ます。

難点は、外側からロックできないこと。

それと和式のトイレしかないことかな。

まあ、仕方がないですね。

まだ正式には許可が下りていないようなのですが生活保護を受けれるようになりそうです。

またそれに伴い自己破産もするようになりました。

どうやら一番下まで来てしまったようです。

そうはいっても悪いことばかりではなく、最低限の人間の尊厳はキープできそうです。

シェルターを紹介していただいたり今後のことに関して相談に乗っていただいてるのですが、その分制約もあります。

それは当たり前のことなのですが、当分の間はfxは出来ないのです。

ただこれは、リアルトレードができないという事なのででもトレードは落ち着いたら再開しようかなと考えています。

状況が好転したらの話ですが。

今気に入っているツールが予想以上に使えそうだからなんでしょうね。

今後は生活保護のこと自己破産のことそして時々fxやアフィリエイトのことを中心に書いていこうと思います。

今後どうなっていくのか不安の方が大きいしまだ下があるのかもしれませんが、復活を目指していこうと思います。

諦めなければ答えが見つかると思うんですよね。

まだ精神的に落ち着いていないところが多々あるので文章がひどいのはどうかご勘弁をお願いします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

About Me

今まで主に好きな事だけをして生きてきた僕が次のテーマに選らんだのが旅。
ファッションや音楽をさんざんやってきたのですが、ある日ふと気づいたことがありました。
それは移動というものをほとんどやってこなかった事。
もちろん何度かは大小合わせてやってきたのですが、基本一か所に留まっていました。
留まっている間にアフィリエイトやfxをマスターし、もしかして機が熟したかなと感じたので行動に移すことにしました。
どんな旅が始まるかは全く予想できませんが、目いっぱい楽しんでいこうと考えています。

予想外の展開に戸惑う事も多いのですが、ビジネスネームを変更することにしました。
これからはplan_kam(プランカム)と名乗ろうと思います。
心機一転これからもよろしくお願いいたします。

最近のコメント

    カテゴリー

    PAGE TOP