何かしらの閃きを感じて頂けたら嬉しいです。

  • FX

FXチャート監視システム2018年はこれでスタート

Reading Time: 1 minute

昨年も時間があればFXチャートを監視してきたのですが、記事タイトル(FXチャート監視システム2018年はこれでスタート)のように今回は少し時間をかけて僕のシステムを強化しました。

基本的には去年とあまり変わっていないのですが、チョコチョコとインジをつけ足しました。

以前から気になっていたインジケーターが幾つかあり、その中でもこれは面白いなあと思っていたインジ達です。

僕の財政で賄えるものばかりなのですが、勝率5割といった感じでしょうか。

やはり1,2千円ものばかりだったのでまあそれなりにって使えるのかもしれないけれどMT4が重くなっちゃうのも嫌なのでもう少ししたら外そうかなというインジもあります。

僕はパソコンとモニター1枚というシステムでチャートを見ています。

以前はパソコンだけだったので辛かった~。(^-^;

何せ高いパソコンじゃないもので、しかもグラボも変えていないドノーマル。

モニターも多分24インチの中古です。( ̄ー ̄)b

今の所これで十分に動いてくれています。

たまにインジを足すと再起不能になったりします。

今回は僕のシステムをご紹介しようかなと思います。

他の人のシステムって興味ありませんか?

今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーター

僕がメインで見ているインジです。

もちろんパソコンのモニターに表示しています。

キャプチャーしたのは土曜日の午後なので当然為替相場はお休みで画面は停止しています。

入れているインジは、

今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーター
・entry_chance_V7
・Ultimate_weapon_V7_neo
・Ultimate_weapon_V7_sp
・Ultimate_Band×2
・Ultimate_pivot_plus
・Ultimate_chance_zone
・Ultimate_Squeeze
・Ultimate_TrendBar です。

今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターは次回で第8弾のアップデイトが予定されているようです。

そしてこの今までにのインジって他にもいろいろあるのですが、僕はシンプルな方が好きなので試してみて違和感を感じたら外すようにしています。

基本デフォで使っていますが、Ultimate_Bandは見やすいようにバンド外の所は無しにしています。

というのも、MT4ダウ理論計算のインジケーター「Market_Wave」というインジも入れているので見づらいことこの上なかったので見やすくしました。

僕は5分足で見ているのでMainとM15、M30を計算させています。

AutoFibo EXというフィボナッチを自動で引いてくれるインジをデフォで使っています。

今年になってCounterSignというトレンドの反転を教えてくれるインジを入れましたが、このインジはもしかしたら外すかも候補に入っています。

同じく今年に入ってからBandWalk_Signというバンドウォークの状態を表示してくれるインジなのですがこちらももしかしたら外すかも候補に入っています。

ZigZag V-N-E-NT MTFというインジもつい最近購入しました。

文字通りV計算値、N計算値、E計算値それとNT計算値を表示してくれるインジで目安の一つに使っています。

一番最近購入したのが、ZigZag Time Theoryというインジ。

これはこのくらいの時間まで上昇するかもとか下落するかもという目安を表示してくれるものなのですが、何だかゴチャゴチャしてきているのでもしかしたら外すかも候補に入れています。

あと日本時間表示のインジのKawaseOsyo_MarketOverLapを海外の時間を表示させない設定で入れています。

シンプルが一番というか、バンドとマーケットウェーブが効いています。

マナブ式FX完全マスタープログラム

以前はTHV4_TradeSignalというTHVを使っていたのですが、いつものように思い付きで何のインジか忘れてしまいましたが入れたら再起不能になってしまいました。ヽ(*´Д`*)ノ

まあいい機会だし、またマナブ式のTHVを使ってみようかなあとというか、ダイバージェンスを教えてくれるのって助かります。

メインで見ているのはトリックスなんですが、その上の平均足と一目均衡表の雲もチェックしています。

特にこの曇って他の雲とは違うようで使えるなあと個人的に感じています。

平均足の所にジグザグと数字が出ているのがEliott3というインジでエリオット波動を教えてくれるインジです。

これもマーケットウェーブがあるのでもしかしたら外すかも候補に入れようかなと考えています。

大きな矢印と小さな矢印も写っていますが、これらはどちらもHeikin Ashi Sign MTFというインジです。

何故二つ入れているのかというと、設定が違うからです。

大きな矢印は長期用で小さな矢印は短期用です。

トリックスと同じようによく見ているのがGenesisMatrixというツールです。

必ずチェックしています。

その下のMsBBMACDも相場の動きの判断に使っています。

ゴールデンクロスやデッドクロスを矢印というかマークで表示してくれるだけでなくバンドウォークも斜めの矢印で表示してくれます。

一ヶ月くらい二つのバンドウォークのインジを見てきたのですがやっぱり一つでいいかなあと思っています。

もちろん設定は変えていて違いを見ていて、その違いで信憑性が上がらないかなと考えたのですが何だか微妙でした。

パラダイムトレーダーFXと天底チャートMT4

たぶん24インチのモニターをTHVと半分こしているのがパラダイムトレーダーFXと天底チャートMT4の組み合わせのチャートです。

これ結構最強なんじゃないかなと感じています。

エントリーとイグジットのタイミングは、今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターの方に軍配を上げているのですが、パラトレのサインは個人的にですが本当にすごいと感じています。

もちろんダマシというか不発的な時もありますが、それでもパラトレと天底チャートは買ってよかったあと未だに思っています。

パラトレが2015年発売、天底チャートが初期の株225FXが2016年発売、2017年に天底チャートMT4としてリニューアル。

株225FXの時はFX用は特典で付いていたのですが、今はアップグレイドされて天底チャートMT4。

パラダイムトレーダーFXのチャートの方に3_level_zz_SemaforKJというインジを入れていて出現する数字の位置を変えられるので便利です。

Swing_Point_Viewもなんとなく残しているのですが、目安というか確認用です。

MAも追加しています。

ZigZagTrendConversionというインジは二つ入れています。

こちらもちろん設定は違うものでredとYellowです。

イエローの方は何だか微妙な感じのようにも思えてきているのですがレッドの方はそれなりにって感じです。

値段の割には使えている方なんじゃないでしょうか。

ちょっとわかりづらいんですが、Kame_V2というエントリーポイントを示してくれるインジも入れています。

このインジももう少し様子を見てもしかしたら外すかも候補に入れるかもしれません。

使えないわけじゃないとは思うのですが、パラトレだけでいいかな、以前パラトレも一回再起不能になったことがあるので参考にしないインジはなるべく外したいなあというのが本音です。

下の段が天底チャートなんですが、まあこれがあったら結構十分という感じもしているのですが、まあビビりなので念には念を的な感じで最近導入したインジなので、もう少し感じがつかめたらもう少しシンプルにしてもいいのかあと考えています。

今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーターのアップデイトも近々発表されるようだしチャートがあんまりゴチャゴチャして判断が遅れたり誤ったりしたら本末転倒ですしね。

FXは自己責任でするものなのでここら辺の判断はできるだけシビアにしないとですね。

関連記事一覧

About Me

今まで主に好きな事だけをして生きてきた僕が次のテーマに選らんだのが旅。
ファッションや音楽をさんざんやってきたのですが、ある日ふと気づいたことがありました。
それは移動というものをほとんどやってこなかった事。
もちろん何度かは大小合わせてやってきたのですが、基本一か所に留まっていました。
留まっている間にアフィリエイトやfxをマスターし、もしかして機が熟したかなと感じたので行動に移すことにしました。
どんな旅が始まるかは全く予想できませんが、目いっぱい楽しんでいこうと考えています。

予想外の展開に戸惑う事も多いのですが、ビジネスネームを変更することにしました。
これからはplan_kam(プランカム)と名乗ろうと思います。
心機一転これからもよろしくお願いいたします。

最近のコメント

    カテゴリー

    PAGE TOP